二次創作小説

fanfiction

WILL 1章 9話

酒蔵めぐり ――ヨークランド。 古くから造酒が盛んな事で知られる、こののどかな田舎町のどこかに杯のマスターカードが眠っている。 「……お嬢さん」 ふと、ジェラスが身に付けていた装身具を一つ外し、アセルスに手渡す。 「キレイ...
fanfiction

WILL 1章 第8話

黒き翼 アセルスのものとはやや趣を違えた艶やかな緑の髪。身にまとう、古風で典雅な趣のある衣装。 漂わせている雰囲気と、何も無い空間から現れたかのような登場の仕方――この青年が、妖魔の騎士である事は間違いないようだ。 羽根をあし...
fanfiction

WILL 1章 7話

孤城 リージョンシップの中で一息つくと、IRPO捜査官のヒューズはかねてより気になっていた疑問をぶつける。 「……そういや、前々から気になってたんだが、なんで盾のカードがIRPOにあるって判ったんだ?  ありゃ確か、借金のカタに差し押さ...
fanfiction

WILL 1章 第2話

WILL 1章 第2話 資質と共に集まる仲間 ―――光と影の織り成す神秘の迷宮へようこそ。 ここ、ルミナスは――― 発着場に流れるアナウンスを金属音が遮った。 シップから降りたばかりの二人は、唐突に聞こえてきた物騒な物音に眉を...
タイトルとURLをコピーしました