二次創作小説

個人の妄想に基づく二次創作小説

SaGa・F

WILL 15話 対峙

麒麟の空間を抜けたルージュの目の前に、魔道王国で何度か見たことのある転移結晶が現われる。 おそらくブルーも、時術の資質を手に入れたのだろう。 宿命の双子が全ての資質を手にしたときに、決闘の場への道は開かれる――卒業式の日に、校長から告げ...
SaGa・F

WILL 14話 時空の継承者

「地を這うものは空に。空舞う者は地に。全ての力場を反転せしめん――重力反転(リバースグラビティ)」 麒麟の詠唱とともに、幾度となくルージュの体が空中に舞い上げられ、地に叩き付けられる。 何度か、叩きつけられたダメージでルージュの唱え...
SaGa・F

WILL 13話 麒麟の歌

麒麟の空間は、柔らかく暖かい日差しに包まれていた。 「『迷宮』って……小さい頃に、ここに来てたら大喜びで駆け回ったんだろうけど」 目の前に広がる光景に、ルージュは少し肩の力が抜けるのを感じた。 真っ直ぐには目的の場所にたどり着...
SaGa・F

WILL 11話 別離

別離 アセルスとルージュ――ふたりはドウヴァンの神社に来ていた。 赤い鳥居の影から、イルドゥンが姿をあらわす。 「もっとしゃきっとしろ! 見ていて少し、歯がゆいぞ!」 長い長い石段を登った先にある、赤い鳥居の、さらに先。 ...
fanfiction

WILL 1章 10話

闇の迷宮 ――我が血を受けし養い子でありながら、寵姫を奪った裏切り者よ。罰を受けよ! 直接頭に響く、威厳のある男性の声だった。 「オルロワージュ様?!」 アセルスの傍らに立つ白薔薇姫が、悲鳴のように妖魔の君の名を呼んだ。 ...
タイトルとURLをコピーしました